ねこのこと

独身時代に生後3週間から暮らしはじめたねこたちも早いもので9歳になりました。

結婚して、新しい家にねこを引き取るまでに4か月ほどかかったのですが、父から、今後子供ができると仮定したときに、ねこからの感染症やアレルギー等を心配して猫を新居で飼う事に反対。実家においていけと若干もめた為。

9年間、脱走なんかでちょろっと外に出たことはあってもほとんど外に出したことはないので、トキソプラズマに感染している可能性は非常に低いんですが、タイミング悪く妹の妊娠中にテレビで猫と感染症と胎児への影響について触れた番組を見てしまったので、ねこに関してはかなり神経質になってます。父が。

 

ただ、手放すことはもちろん考えられないし、実家で育てるって選択肢も私の中にはなく、旦那にもねこと暮らすことは結婚前に話をし、了承を得てました。
住んでいるところも猫飼育可能なところ。

時間はかかりましたが、やっとねことの暮らしが帰ってきました。

実際子供ができて、血液検査の結果がわかるまでは多少心配ではありましたが、結果は今までトキソプラズマに感染したことはないとの事。

あとは生まれてくる子が動物アレルギーを持っていないかを願うばかりです。

トイレ掃除は手袋、マスク着用で、こまめな手洗い、は徹底してますが他に気を使っていることはあんましないです。

でかめの空気清浄機を居間に置いたくらい…?

あんまし神経質になりすぎるのもな、と思いつつねこたちとの妊娠生活、お互いストレスのないよううまくやっていきたいと思います。

2013-11-18-8-12-51




ブログカテゴリーを『マタニティ』から『育児』へ変更しました。

ランキング参加中してます(σ・ω・)σ 気が向いたらポリッとクリックお願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ






Categories: 妊娠初期(~4か月), 猫ねた。 | この記事にコメントする


この記事に対するコメント

Required fields are marked *


4 + 2 =